2006年05月

2006年05月22日

◆本100冊 《日曜・プライベート.19号》/141日目

1年で100冊読めるよう、本をコツコツと読んでおります。いまいち進んでません。

ほぼ最後まで読んでいて放っておいた「楽天市場がなくなる日」と、同じくネット企業の凋落を描いた「虚妄の帝国の終焉 ネット革命の旗手、AOLの栄光と挫折」の2冊を読みきりました。

日本版、海外版。と言う形で両ネット企業を比較しながら、同じように抱えてきた困難を比較しながら読めて面白かったです。

本としてのできばえは圧倒的にAOLの方ですが。(「楽天」の本は若干著者の被害妄想気味の所もあって、もう少し客観的に記載されてると良かったなと。)
AOLの本はライブドア関係の本と一緒に読んでも面白いかもしれません。

簡単に内容を言いますと、"楽天市場がなくなる"の方は楽天=eCommerceの成功者というイメージとは逆に、その出店のほとんどが(8割ぐらい?)、買収した「旅の窓口」の顧客=つまりホテル・旅館であり、ほぼネット旅行代理店企業という位置づけである事
実際には楽天=安売りのイメージがあり、また手数料の高さから十分ブランドがある企業は自社でネットサービスを始めている事。等が問題として挙げられていました。

また、AOLの方はタイム=ワーナーを買収して、全くもって「ネットと放送の融合」が破綻し、シナジーも無いまま混乱のうちに、スティーブケースが退陣へと追い込まれている様が記載されています。
また楽天と同様に、実際はAOLも広告販売を泥臭くやる販売マンの存在が会社の鍵で、高いノルマを達成しようと販売マンの不正が多々起きる中で始まった、内部崩壊と内部矛盾が記載されています。

楽天にしろ、AOLにしろ、共に「ネットと放送の融合」を目指しながら、躓き、最終的には営業力で勝負。という中で、真にテクノロジー企業を目指したGoogleやYahooとの差が随分開き始めてきています。

2006年度目標「100冊読みます」


楽天市場がなくなる日

楽天が置かれている難しい状況が良く分かる本です


虚妄の帝国の終焉 ネット革命の旗手、AOLの栄光と挫折

AOLがどう崩壊していったか。ライブドアの凋落を踏まえて読むとなお面白い





2006年05月20日

◆今年はフンドシブームが来るらしい 《土曜・最近気になる事.19号》/140日目

ネットを見ていたら、何々、、今年はクールビズ2年目と言う事で、さらにクールに。。。と言う事で「フンドシ」が流行るとの事。
三越は今年の目玉商品にフンドシを掲げるそうです。。この半年で、昨年の50倍の約5000枚を三越では販売したそうで、すごい時代になってきたなと…。

まぁ僕たち神戸大学ラクロス部はいつも祝いの度に"ふんどし"でしたので、時代を10年ぐらい先取りしてきた感じです。。。

今日は、先日プレスリリースした記事を各社に郵便でもお届けすべく、昼から富田さんと書面作りと封筒作成に奮闘。ラベルシールのソフトが異様に使えなくて、かなり苦労…。疲れました。

昔(5年ぐらい前かな・・・?)同じく、富田さんと、ソニーのインターンシップのチラシとポスターを全国の大学に配布しまくった時に、同じように宛名作成と封筒入れに奮闘していたのを思い出しました。
まぁ、あの当時の配布量は半端無い量だったので、丸一日やっても終わらなく腕が痙攣しそうになってましたが、、、。

当時のインターンの時もそうでしたが、こうした地道な努力がきっといつかは報われる筈だ!と、自分で自分を鼓舞して、またせっせと封筒貼りに勤しみたいと思います。。

(↓ シール貼りをする富田さん)
富田さん









社長専任祝150日!まで後10日!…時間が経つのは本当に早いです…。

2006年05月19日

◆日経産業新聞1面を飾りました〜その2〜 《金曜・ネットとか.19号》/139日目

金曜日は他業界の方にも分かりやすくネットのトレンドを紹介する日です。

1.【コネクティ、日経産業新聞TOPを飾る】

まだ昨日の全国誌のトップを飾った余韻覚めやらず、色々な方々から頂いたメールや激励のメッセージに一生懸命返信している所でございます(亀レス申し訳無いです。)

しかしよくよく考えると、全国紙のトップを飾るというのは凄い事だな…と改めて実感。
ある方から、「1面トップに出るのは犯罪者か革命者かどっちかだな。」と言われて、前者にだけはならないよにしようと…固く思った次第です。



記事を読まれてない方に、簡単に内容まとめますと

------------------------------------------------------
5月18日 日経産業新聞1面 記事要約・・・

コネクティ社が

コネクティポータル」というサクっとポータルが作れてしまう
  Webサービスを開発し、電子署名等も活用してセキュアに企業間情報の
 やり取りなんかも出来まする。


◆崗綉「コネクティポータル」にはWeb2.0関連のテクノロジーが満載
  新しいポータルの体を成しているらしい。
 (Webサービスとか、SNSとか、RSSとか、マッシュアップとか)

そんでもって上記は6月末以降から販売開始するんだけど、先にα版として
  人事担当者に限定した「コネクティHR」というサービスを開始する
http://hr.connecty.jp )
------------------------------------------------------

というニュースでございました。

2.【コネクティポータルとは? HRとは?】

「コネクティポータル(Connecty Portal)」はコネクティ3兄弟アプリケーションの長男として位置付けられてまして、長男らしく荒さはありますがしっかりものです。

次男と三男がそのうち出てきて、3兄弟になります。

詳細は又今度説明しますが、通常はSaaS(Software as a Service)としてネットワーク経由で契約企業に使用頂き、使用量によって月額費用をいただくものです。

この企業向けアプリケーションのSNS部分を抽出して、トライアル版として自社利用で出したサービス「コネクティHR」で、人事担当社に限定してお使い頂けます。

(↓ Connecty HR TOP画面 http://hr.connecty.jp
HR図





SNSなので、他社の人事担当者と交流したり、人事の専門情報を入手するにはもってこいの場所になるのでは?と期待しています。

もちろん、人事担当者に直接PRをしたい、人材関係企業様からの広告出稿等もお待ちしています。

ちなみにα版のため、機能はちょこっとづつ出していきます。
そう、機能がずーーーと増えていく、まさにWeb2.0的開発手法で、「アジャイル」とか「永遠のβ版」と呼ばれるモノになります。

逆に言えば、どんな使い方をしたいか。どんな機能が欲しいか。をユーザーから個々に頂く事でブラッシュアップしていきますので、是非諸々ご意見頂ければと思っています。

またこれでポータルの仕組みがどんなものか理解頂いた後、社内で同じものを利用してみたい(例えば技術部門ポータルとか、退職者ポータルとか、採用・内定者ポータルとか…)という人事の方がいらっしゃいましたら是非ご連絡下さい。
同じアプリケーションを社内で使っていただく事が出来ますので!

(↓社内でもご活用頂けます。社外間でも大丈夫です。)
人事図2







3.【登録のしかたー(来週ぐらいから招待します)】

新規登録は今もサイト上に掲載していますが、基本招待制ですので、来週前半から順番に招待していこうと思います。
初めは僕の知合いの人事の方々にプレミア的に招待していく事になりますが、随時利用者を増やしていこうと思います。
最終的には、日本の人事部の方が1万人ぐらい入って、お互いの専門性を高める情報交換や、コラボレーションが生まれて来る場になればいいな…と考えています。

しかしながら、僕の知合いのメールアドレスが不明だったりするので、人事担当者で僕のことをご存知の方は、新規登録だと遅くなるので、直接メールしてもらった方が早く利用可能でございます!

4.【最後に】

いろんな方から、「SNSやるんですか?」と新聞記事が出た後言われましたが、

SNS自体にはそれ程こだわっていなくて、SNSもポータルの機能の1つでしかないと思っています。
繋がるだけだったら、Mixiで十分だし。

そうではない、企業内や会員サイト等における、ポータルアプリケーションとして必要な機能を随時追加していくわけでして、SNSもその内の1つでしかないわけです。
それより、SNSをもっと別の見方で情報(特に人脈)と管理・整理する為のツールとして考えた方が広がりが大きくってですね、メールや電話では出来なかった、本当にビジネスで使用出来る新しいコミュニケーション・情報整理の仕組みが出来てくるんじゃないかな?と考えています。

後はRSSやマッシュアップ、シンジケーション、Ajaxと言った所の2.0テクノロジーで新しいポータルとなる事と、電子署名や暗号化等のセキュリティ対策

とにかく、ポン!と、すぐ出来上がる。そんな新しい仕組みを考えています。

そう、繋がるだけではなく、"繋がった後、何が出来るの? どう作業効率が上がるの! どんな付加価値が発生するの?"という部分が重要ですので。。。

長くなりましたが、とは言え語りきれてない事が多々ありますので、また随時、
うちのアプリケーションや、HRサービスに関しては随時記載していこうと思います。

SalesForceの受売りではなく、ずっと昔から僕たちの頭の中にあったインターネットの中で簡潔する世界SaaS (Software as a Service)の真の姿を目指して。

今後もテクノロジーと、しっかりとした経営の両面で、飛躍して行きたいと思います。
皆様今後も是非応援の程宜しくお願いします。

yasuyukihattori at 14:07|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2006年05月18日

◆日経産業新聞1面を飾りました!! 《木曜・ベンチャーとか.19号》/138日目

本日の日経産業新聞を弊社コネクティの記事が飾りました!

詳細は後ほど書きますが、とりあえずご報告まで!

(たぶん日経産業新聞は即効売り切れるので、地下鉄のどこかで余ってたら買い求めてみてください!会社で新聞取っている方は是非それをご確認してみてくださいませ!)

(↓1面です!)
日経産業新聞

2006年05月17日

◆懐かしさと刺激 《水曜・オフィスレター.19号》/137日目

今日はソニー時代に最後にお世話になりました部署(B2Bの戦略部門)に同じく在籍されていましたスティーブさんの退職祝いがありまして、壮行会に参加させて頂きました。

久しぶりに前職の部署の方々と色々な話をしたり、懐かしい会話をさせて頂いたりして、本当に心から楽しい時間を過ごさせて頂きました。

また中々品川に行く機会も少なく、退職後きちんとビジネスのご報告をできていませんでしたので、壮行会に来ていらっしゃる方だけではありますが、部門長初め、前職の方々に近況を報告する事が出来て良かったです。
(久しぶりにL部門長節を聞く事が出来て、真面目に懐かしく嬉しくなりました。)


ソニーの皆さんと話をすると、やっぱりビジネスとして大きな話になる事が多く、とっても刺激を受けます。

今後もソニーの方々とまたこうしてお会いしていく中で、自分自身元気をたくさん頂きながら頑張って行ければと思いました。

と言う事で今後とも宜しくお願い申し上げます。
スティーブさんも新天地で頑張ってください!!

2006年05月16日

◆中央青山は何故処分が強い?《火曜・ニュースの視点.19号》/136日目

火曜日は今週はこれだけ知っていれば大丈夫!なニュースを掲示

本日、郵政公社が中央青山を監査役から外す事を決定しました。

■どんどん進む中央青山離れ

先週、東洋水産並びに資生堂がこぞって中央青山からあずさ監査法人への乗り換えを発表したのに続き、昨日は東レが取締役会で中央青山外しを決定。今回の郵政公社の発表もさらに中央青山離れを加速させそうです。

■そもそもの経緯

今回の処分はカネボウの粉飾事件に中央青山が大きく関与したとして金融庁より一部業務停止命令が下されたものであり、周知の通り日本においておよそ上場企業の9割を担当する4大監査法人(中央青山、あずさ、トーマツ、新日本)の1社が処分対象になるのは初めての事例。
(アメリカでは、エンロンの会計操作事件で、当時世界5大監査法人であったアーサー・アンダーセンが解散に追い込まれた事例があります。ちなみにその時は自主解散でした。ちなみにアンダーセンコンサルティングは当時アーサのコンサルティング部門が独立して法人化。"アンダーセン"の名称で訴訟沙汰になり、その後アクセンチュアという名前になりました。と言う事でアンダーセンの名前は見事に消え去る事となります。)

中央青山は、担当した山一證券ヤオハンジャパンの粉飾決算が刑事事件となっているほか、破綻した足利銀行の監査を巡り、2005年1月に金融庁から戒告処分を受けていました。さらに今回カネボウの件で息の根を止められた。という事で厳しい処分が下されたものと言えます。

従来より中央青山は処理が早い事で有名。逆に言えばザルだとも一部言われていた事もあり事件そのものよりも、内部統制の問題が今回処分の大きな対象となったとも言えます。

■今後どうなる!〜動きの鈍い他監査法人と目ざといPWC〜

今後、1800社に及ぶクライアントは自分達の行き先を考えていかねばなりません。クライアント企業にとっても監査法人の変更は取締役会等の承認を経る必要もあり、そうとう大きな労力を伴います。また、他の監査法人も既に業務満杯で、実質中央青山の業務を引き継げるキャパシティがございません。と言う事で若干どんどん監査法人が切り替わるような変化がまだ起きてない所があります。

また監査法人が変わったせいで、諸々明るみになる事実も出てきそうで、コンプライアンスがしっかりしていなかった企業はかなりビクビクしているのではないでしょうか?
幾つか事実が明るみになっただけでも、相当ニュースになると思われる為、社会の混乱は避けられないと思われます。

そうした中でかなり混乱が予想される中、本日金融庁長官は「混乱も仕方ない」発言をし、間違ったままダラダラ行くよりは、一旦混乱したとしても正常化を進める方向を示しました。

そうした中、現在中央青山と提携しているPWC(プライスウォータ)が日本に新たに監査法人を設立する事を発表!

ごっそり中央青山の顧客を取るつもりだと思われますが、何ともタイミングのいい話だなぁと…ちょっと辟易。

ただPWCは海外ではトヨタやソニー等の監査を勤めており、こうした企業がグローバルに監査法人を統一化する流れは今後起きてきそうです。

■でも本当になんでこんなに厳しいの?〜竹中VS与謝野〜

これには風説がありまして、三井住友や中央青山は前の金融大臣・竹中さんの懇意会社として有名。それが与謝野馨さんに金融大臣が代わり、竹中新派外しを画策した。というのがもっぱらの噂です。

竹中VS与謝野の戦いは、最近日増しに強くなってきており、この影響をもろに受けた結果。と言えるのかもしれません…。

ついでですが、
山本一太議員が安部晋三応援歌を歌って、森前総理に起こられ、それでも「嫌だー俺は安部さんを応援するんだー♪」って言って当の安部さんを困らされている件、、、

正直、情けなく、ほんとどうかなぁ・・・と思ったりします。

2006年05月15日

◆日本代表決定! プロとは?《月曜・今週の目標.19号》/135日目

日本代表のメンバーが決定しましたね。

--------------------------
【GK】 土肥洋一(東京)川口能活(磐田)楢崎正剛(名古屋)

【DF】 田中誠(磐田)宮本恒靖(G大阪)三都主アレサンドロ(浦和)中沢佑二(横浜)中田浩二(バーゼル)坪井慶介(浦和)加地亮(G大阪)駒野友一(広島)

【MF】 福西崇史(磐田)中田英寿(ボルトン)中村俊輔(セルティック)小笠原満男(鹿島)稲本潤一(ウェストブロミッチ)小野伸二(浦和)遠藤保仁(G大阪)

【FW】 柳沢敦(鹿島)高原直泰(ハンブルガーSV)玉田圭司(名古屋)大黒将志(グルノーブル)巻誠一郎(千葉)
--------------------------

久保…外れました。怪我ばっかり(かつ結構本人の自己申告が多い)なので数に入れられない。という感じでしょうか?ブルガリア戦で突然「足に異変が…」とか言って休んだので、ジーコがいい加減腹たった。のかも。プロの世界は厳しいから、1度チャンスを自分から投げ出すと、取り戻しは効かない。と言う事かもしれません。

1ポジション2名枠って言ってたのにFWが2トップで本来4名の所を5名選出されちゃったので、MFが割を食って松井が外されてます。と言う事で玉田と巻が選出されました。2人ともあまり成果出せなかったけど、何とか日本代表に選出されよう!という気合が久保や佐藤よりも伝わったし、こういうのはきっと少しのタイミングとかで成果に結び着きやすいのだと思います。

と言う事で微妙なサプライズはあったものの、やっとメンバーも決まりこのチームを応援するしかないですね。楽しみです。

(ちなみに4年前の日本代表↓ なんだか懐かしい顔ぶれが一杯です…)
2002年ワールドカップ

しかし、4年前がすっごい最近の様。会社を5時で上がってソニーの同期と恵比寿に駆け込んだり、ホテルのスイート貸し切ってプロジェクターでみんなで見たり、会社休んでクラブで昼試合を見たのとか…色々思い出します。
ちなみに僕は前回の日本代表DF「服部(年宏)」のユニフォーム着て、応援していました。

ロシア戦で服部が試合に登場した際、意味なく渋谷のクラブで胴上げされていたのを思い出します…。

スポーツは結構週末色々あり、昨日はK−1のオランダ大会がありましたが、ボブサップが試合前30分で敵前逃亡して、代わりに解説者のアーツが試合に出たみたいですね。ボブサップはK-1側から「プロ失格」として厳しく非難を受けており、告訴される可能性もあり、K-1追放の可能性も出てくるみたいですね。試合をぶち壊してはいけない。と準備もなしに出てきたアーツが、とっても男らしくて素晴らしいですが。

と言う事で、諸々スポーツを通じて、「プロフェッショナリズム」に関して諸々考えさせられる1日です。

コネクティも今週は一つ目の仕上げの週となりますので、プロ意識を全員が持って、しっかりと"仕上げ"を行っていきたいと思います。
(おそらく先週出来なかった、発表を今週出来るかと思います。)

2006年05月14日

◆友人の旅立ちを祝して 《日曜・プライベート.18号》/134日目

大学入学から13年間、ずっと離れる事なく泣いたり、笑ったりしてきた友人の斎木氏が、MBAを取りにアメリカに留学する事になり、この週末は盛大にお祝いをしました。

彼は大学時代、僕が所属していた神戸大学ラクロス部のキャプテンです。

(斎木氏↓いい笑顔です)
斎木祭り1僕の代は何せ弱くて、谷間の世代と呼ばれたモノでしたが、努力や前向きさはどの代にも負けず真剣でひたむきであり、それはキャプテンであった彼の人となりが多いにチームに影響していたのだと思っています。

そうして単に楽しい時を共に過ごしただけでなく、辛かったり苦しい時代を一緒に過ごしてきたメンバーだった為か、社会人なってもその友情は耐えることなく、本当に永遠の家族として一緒に過ごしてきました。

そのメンバーがMBAにチャレンジする事はとても誇らしい事であり、同時にとっても寂しいのも事実です。

今後2年間は少なくともなかなか会う事も出来なくなると言う事で、今週末は東京にいる同期皆で温泉に行き、思う存分一緒に時間を過ごし、挑戦の為旅立つ彼にエールを送りました。

エールの内容は直接言葉にするのは照れくさいので、事前に撮影してきたビデオをサプライズで上映。それを見て感極まり数年ぶりに流した彼の涙を見て、思わず僕たちももらい泣き。彼を見送る僕たちにとっても忘れられない思い出になりました。
(ちなみに夜は神様が舞い降りました。)

(感涙)
斎木祭り2皆が少しづつ色々な事に挑戦してきています。
僕もそれに刺激を受けながら、挑戦を続けていきます。

もちろん辛い時や苦しい時も来るでしょうが、いつまでも変わらぬ笑顔で励ましあえるメンバーに恵まれた事に感謝をしつつ、今後も頑張っていきたいと思っています。

♪さくら さくら いざ舞い上がれ
 永遠(トワ)にさんざめく 光を浴びて
 さらば友よ またこの場所で会おう
 さくら舞い散る道の上で

 斎木頑張れ!



(↓さくら)
斎木祭

2006年05月13日

◆アクアラインの秘密 《土曜・最近気になる.18号》/133日目

今日久しぶり(6?7年ぶり?)にアクアラインに乗りました。

アクアラインは、東京湾を横断して川崎と木更津を結ぶ海中トンネル(途中から橋)です。

一緒に乗っていた安川君と頭をひねった問題は「どうやって海の下にトンネルほったんじゃい?」と。

アクアラインは途中でトンネルが海上に突き出します。そして木更津方面は橋です。
よって、必ず海の途中からトンネルを掘っている必要があって、海中の土を掘れば掘るほど海水がトンネルの中に入ってきちゃうじゃん。

(僕たちの悩んでたポイント↓)
謎




というのが謎だった訳です。

水を後で抜いたとか、土をいったん途中に盛ってそこから掘り進んだ。とか色々な案が出ましたが、結論出ず…。

ネットで調べてもいまいちちゃんと記載が無いのですが、下記写真を発見しまして、海を途中パイプみたいなものを突き刺して、塞き止めている感じですかね…。

アクアライン







ちなみに、海の下の土は豆腐のように柔らかく、これを掘り進むのも大変だった様。全部橋にしなかったのは、川崎方面の船が1日1500隻も通ってこれを妨げない工夫であった事等が豆知識的に記載されていました。

ちょっと気になっていた事が解決。何にせよ海の中にトンネル作るなんて、ほんと良く考えるとすごい事ですよね…。天晴れ。

2006年05月12日

◆Googleヒエー(書き直し) 《金曜・ネットとか.18号》/132日目

風邪まだ治りませんが快方に向かっています。
昨日夜に激辛ラーメンをニンニクたくさん入れて食べたのが良かったのかな…と。

(↓丸金ラーメンの激辛。風邪に効きます。)
ラーメン







あと、今週発表予定のニュースですが、すいません。諸事情により来週に延期…と言う事で。来週以降ご期待頂けると幸いです。(本当にすいません。)

さて、気を取り直し今週のネットに関する豆知識コーナーですが、

Googleがやたらめったらサービス出してきました。

Google Desktop4
Google Trend
Google Co-op
Google Note


Desktop4はPC内にあるファイル等を検索できるサービスですが、4では「Google Gadgets」としてデスクトップ上で使える様々なアプリケーションが公開されました。

(↓Google Gadgets)
グーグルガジェッツ電卓やら、アマゾンのランキングやら色々ありますが、全部使って
この際PC上をグーグルだらけにしてやろうか〜〜!。

お前を頭から食べてやろうか(by 赤ずきんちゃんの狼)

お前を蝋人形にしてやろうかぁぁ〜〜!(by 世紀末を歌うN証券のIさん)


・・・全部で数百種類あるそうです。無茶苦茶だー。

Google TrendはGoogleで検索されたキーワードのトレンドを調べられるサービス。この手のサービスを純粋にやっている会社が幾つもありますが、壊滅的ダメージを受ける事でしょう。

Google Co-opは専門家の検索情報等が調べられるサービス。
もうアメリカでは公開済み → (Google Co-op
HealthとかTravelとか4つのサービスが見えます。

GoogleNoteは検索した後、それを保存しておけるサービス。マイクロソフトのOne-Noteよりさらに便利かな。

なんだかオンパレードみたいになってきました。

また、波紋を呼んで訴訟中のGoogle ブック検索もスタートするみたいです。(日本語の説明ページはこちら)4つの図書館と連携して、図書館にある本を全部スキャン。5ページまで閲覧可能というサービスで、専門書等は購買者が激減する可能性もあります。
日本ではまだどこの図書館とも提携していないみたいですが、、、確かに図書館の本は見放題だけど、、かと言ってネットに公開していいものかどうか?議論分かれる所ですね。
出版者への利益還元がされるべきかもしれません。

(↓グーグル ブック検索)
グーグルブックやりたい放題のGoogleを止めれる企業も無く、止める理由もユーザーには無い。という状況ですが、何ともモヤモヤした気持ちが残るのは何故でしょう?









「便利になればいいじゃない!?」
と、
簡単に割り切れない思いの今日この頃です。

ちなみにグーグルの中国語名称は「谷歌」に決定。読み方が「グゲー」(笑)。

taniuta






意味は「収穫の歌」との事。当て字ではない。と言われても当て字っぽい。
(プロモーション用のフラッシュ →サイトへ も水墨画風なんだけど、よく分からず意味不明)

ちなみに中国の検索大手と言えば、百度(Baidu)。シェア50%を誇る検索大手ですが、同じような水墨画風のPRサイトを作ってました。

中国では「谷歌」の名称に反対運動勃発。(→NoGuge.com)
ついでに勝手に新名称を投票したりして、第1位が「わんちゃん」の意味を表す「狗狗(中国語のローマ字表記はGougou)」第2位が「ご婦人」の意である「姑姑(Gugu)」で1457票、第3位が「もう十分だ」という意味の「〓了(Goule)」。だそうだ。

個人的には、「もう十分だ」の"〓了"に一票で宜しくです。