2006年01月17日

【火曜・ニュースの視点】/「ライブドア報道」/(17日目)

今日は大きなニュースがありました。
ライブドアの証券取引法違反容疑の事件です。

新聞記事(ライブドア)

正直昨晩の夜テレビで見て大変驚きました。
水増決算や、株価の不正吊り上げなど、あってはいけない事項ですが
この辺りを違法と知っていた実行していたのか、あくまで証券法の不備として
そのすき間を狙った手段だったのか、ライブドア本体の認識も
取りだたされそうですね。


僕がベンチャーで会社を設立する前から、ずっとマネーゲーム的な日本のベンチャー
近況が嫌で、よくソニーの会社の先輩に毎日のように不平をこぼしていたのを
覚えています。
(続きは追記で…)

自分自身が創業するなら、絶対「モノヅクリ」を基本とした旧日本型と言いますか、
誇れる自社製品を作って、世界に挑戦していく事を目標としたいと考えていました。

これはきっとソニーにいた事も影響しているかもしれませんし、結局自分が尊敬し
目指すところは、ソニー創業者の井深さん・盛田さんな訳です。

戦後の焼け野原から11人で会社を設立し、炊飯ジャーや電気掛け布団なんかを
作っていた時代から、トランジスタで一躍世界へ。
当時50年代のベンチャーは全てそうした誇れる「モノヅクリ」に情熱を傾け、
世界を夢見て毎日活き活きと仕事をしていたと思うのです。それが日本の原動力でも
ありました。

最近はどうでしょうか?
もちろん同じDNAを受け継ぎ「モノ」で世界に挑戦している会社はたくさん
あります。製造業は今でも元気です。でも特に新時代を切り開くソフトやサービスは
欧米からの輸入品がほとんど。正に第二の焼け野原と言って過言では無いでのは
ないでしょうか?

そんな中、ベンチャーとしてもM&Aやアグリゲーション型の企業が注目される
風土で、技術系の学生も「モノヅクリ」
からどんどん離れていっていると聞きました。

僕自身は、日本の将来のために、これから社会を切り開く学生の方々のために、
これから正を受けてこの日本で育って行く子供たちのために、絶対モノヅクリに
こだわりたいと強く思いましたし、そんなベンチャーがたくさん生まれ出て
昔のソニーやホンダのように海外でのチャレンジで又キラキラした人々の夢や
情熱が多々創出する事の一助になれればと思う次第なのです。

長くなりましたし、大上段に構えすぎですが、今日朝もニュースを見ていて
改めて自分の原点と、方向性を確認したようなそんな一日でした。

「ソニーのように誰からも愛される会社を目指して」これからの会社ですがチームワークを大切に精一杯頑張っていきたいと思います。
(さて、どんな商品を作りましょうか!)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ものづくりの大切さ  [ crambonの白血病闘病記 ]   2006年01月17日 14:11
5 あああ、ホリエモンやっちゃったよ。自宅まで入られたって事はホリエモン自身が逮捕かも・・・って思いながら、そのこと自体についてはコメントもなにもないんですが、ゆうべから今朝にかけて考えていたことを、まさに代弁してくれている文章があったので、トラックバックし....

この記事へのコメント

1. Posted by 服部です。   2006年01月18日 11:52
いや、本当に色々考えさせられる事件ですよね。。。
ライブドア関連株以外のネット関連会社株価が軒並み下がっています。あとネットでないのにマザーズ系等の新興企業系も全滅に近いですね…。
ヒューザーの件とダブルパンチでまた日本経済が悪化する可能性もありですね。。。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔