2007年04月06日

◆看護師・看護学校・病院皆様へ 「メディケーションスクエアOPEN」 《ネットとか.07-12号》/458日

本日「メディケーションスクエア(http://ms-kango.jp )」Open致しました。

(↓メディケーションスクエア画面)
メディケーションスクエア1






本サイトは株式会社SIC様がスタートされました新しいメディカル系、ITプラットフォームです。

そして、本システムには弊社のWebサービス用エンジン「Connecty Web Processor」並びに、このエンジンを使って多機能ポータルを開設する為のトータルサービスConnecty Portal」を採用頂きました


この話を頂いて、企画段階から何度もディスカッションをさせて頂きながら、ご一緒に推進してまいりました新サービスでして、弊社としても大変思い入れのあるサービスです。

【本サイトの開設背景】
本サイトの開設背景として、
社会的な問題意識としての慢性的・看護師不足があります。

その不足数は4万人と言われ、各病院個別の取り組みでは十分な看護師の数を揃えていく事が困難です。しかし今後ますます高齢化が進む日本において、看護師は必要になってくるのは明確です。

この問題に対して、今からしっかりと取り組みをしていかないといけないという趣旨で本サイトは開設されました。

具体的には看護師、それから看護学校、そして医療機関の3つのステークホルダー全てをブリッジしていくポータルシステムです。

看護師様同志の<b>コミュニケーションやコミュニティ、そして看護学校には同窓会システムを。そして医療機関には求人情報を掲載・管理できるリクルーティングシステムを。そんな3つのシステムを統合した、基幹ポータルです。


現在看護学校は約1300既に登録済みです。ご自身の出身の学校があるかどうか是非探していただき、あれば入って頂いて同窓の皆様や学校との情報共有を楽しんでもらえれば幸いです。

そして本趣旨にご賛同いただきました病院も既に94病院が登録されています。

今後1000病院ぐらいに増えていく予定です。


(↓「求人検索」既に94の病院様が参画されています。)
メディケーションスクエア2







社会問題や世の中の不便さをITの力で解決していく。そんITの持つ力を十分に今後も使って、世の中に少しでも貢献していければと考えている次第です。


看護師の皆様へ

是非、看護師の皆様、一度ご登録してみてください

同窓生が見つかったり、看護師様同志ならではなの情報交換や、コミュニティの場がございます。

そして現場で悩まれてたり、問題にぶつかれられている看護士さんや、復職しようとしてためらっている元看護師の方々が、本サイト上であなたの手助けを求めれておられます。

是非皆さんで盛り上げていきたく。


(コミュニティに参加したり、日記を書いたり・読んだり出来ます。)
コミュ日記






(その他、病院の求人情報を見たり、応募したり、学校の同窓会を探せます。)


元看護師の皆様へ

本サイトは復職支援の為の、各種リアルサービス復職エージェントと呼ばれる検収等のキャリアサービスがございます。

医療の場に戻ろうとした時の問題を、こうしたサービスが解決してくれる事がございます。また、同じ悩みや心配を持ったメンバーが、本サイトには登録をしていて、情報交換やざっくばらんな話をする事が出来ます。

是非一度ご確認してみてください。

(↓復職支援サービス「復職エージェント」)
復職支援







(もちろん、コミュニティに参加したり、採用情報を探したり、同窓生を探したりする事も可能です!)


看護学校、病院の皆様へ

同窓会の開設に興味のある看護学校の皆様、看護師の採用そして復職支援にご興味ある医療機関の皆様。是非本サイト運営会社のSIC様にご一報下さい!

皆さんの問題解決のサポートを通じて、世の中がより良くなっていく事を真剣に考えております。そして皆様からのフィードバックを通じて、本当に全ての方にとって便利で意義深いシステム・サービス構築をしていければと考えております。



このブログを見られた、全ての方々へ

そして、皆様の周りに看護師の方や、元看護師の方がいらっしゃいましたら是非本サイトの存在をご紹介下さい。

また皆様が抱えられている医療業界の問題や、ソリューションがあれば是非弊社もしくはSIC様にご連絡下さい。

メインに本サイトを使う看護師の方々だけでなく、その看護サービスを受けられる一般の皆様全ての人のお力添えを経て、この社会問題を解決していきたいのです。

社会を良くしていくために、皆様のお力が必要なのです。

そうしたITのパワーを僕はいつも信じています。

小さな事でももちろん大きな一歩になると考えています。皆様の少しでものお力添えをいただき、皆さんでこのプラットフォームを育てて行ければ幸いです。

結果、必ずそれが、日本の医療・看護サービスの向上に繋がっていく訳ですので。


僕も、自分の父が結構当事者に近いので、さっそく連絡してみようかと。


皆様の力で少しづつ広げて行ければ幸いです。

(機能やサービスが盛りだくさんなので、、また機会を見て詳細ご説明致します。)

(↓本日「朝日新聞」朝刊にも、本サービス大きく紹介されました!)
朝日新聞











本サービスに限らず、今後もコネクティはいい日本目指して、これからも自分達が出来る事を粛々と進めて行きます。 皆様宜しく御願い申しあげます。




起業家ブログ(ちょっとダウン気味)

社長ブログランキング(こちらも、何とかそろそろしてみたい気もします。)

◆服部のBlogはこちら
◆CNET版はこちら「ビジネスリーダーズブログ
◆東洋経済コラムはこちら「ソニーチルドレン、上場への道」

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔