2009年01月18日

◆休暇に何をすべきか《プライベートとか.09-02号》/1096日目

先週はかなり多忙でしたのでバテバテで、1日はしっかり休もうと言う計画の中、
昨日土曜日はとりあえず休暇日に設定

とは言え休みだからと言って、さて何をやろうか。と思うと意外に何もやる事が無い。

仕方ないので友人のM氏に「打ちっぱなし行こうぜ!」と電話をしてみたが、「今日は仕事」と言うつれない返事。そうか。皆忙しいのだなぁ・・・。と妙に納得。

と言う事で、本屋に出かけて、幾つか経済書を買って読むことに。

家に帰りパン齧りながら読んでいたら、お腹が膨れて寝てしまい・・・気づくと21時…あぁぁぁ休みが終わってしまった・・・。

これではいかんと、ビデオ屋へ。色々見たい映画もあったが何となく馬鹿らしいのがいいと思い、一番目についた馬鹿っぽい映画を選択
タイトルはちょっと前に流行った「舞妓Haaaan!!!」。

おぉ意外に面白い

話は「一見さんお断り」の舞妓さんの世界。主人公の鬼塚公彦(阿部サダオ)が何とかして舞妓さんに接近しようと奮闘する、まぁ何でもありの無茶苦茶エンタテインメント。脚本は宮藤官九朗。無理矢理色々詰め込んだ映画な割に、非常に最後まで飽きさせ無い所は流石。後は柴咲コウが綺麗で良かった。

と言う事でストレス解消としては結構ナイスチョイスな感じでした。

しかしかなりダラダラして生活である事は間違いなく。これで如何なものかと反省。

と言う事で、本日日曜日は会社へ行って仕事をする事に。

そこで改めて本年の目標「仕事の鬼になる」と言う事についてタリーズのコーヒー飲みながら考えてみる事に。

仕事の鬼とは何か?をまずブレイクダウン

結果。
 ,箸蠅△┐採未箸靴仕事を沢山こなしている状態
◆ー分に妥協しない、自己への要求が高い状態
 他人に妥協しない、他人への要求が高い状態
ぁ´ 銑の結果、成果が主観的・客観的にも相当量出ている状態
こんな感じか?

,亡悗靴討聾世┐
仕事量の増加と、精神的な厳しさを達成する事が大切なのだと理解。

その為には体力・気力の充実が根底に無いと1年間ぶっ通す事は不可能だろう。
と現状の課題の1つ再度確認。

昔からそうなのだがこれが解決しないと、だいたいグダグダになる。
健康面の年間通じた強化も大きなテーマです。

と言う事で、今年は「思い立ったらすぐ行動」もテーマなので
早速ジムに申し込みをしてみる事に。

トレーナーに付いてもらってとりあえず現状確認と3ヶ月のプログラムを作ってもらう事に。1セットこなしただけで、もうかなりキツイ。

継続出来れば体力と気力が大分根幹から強くなるのではと期待大。
ちなみに僕の事を知っている人であればだいたい分かってもらえると思うのですが、
僕がジムに行く等と言う事はかなり奇跡的な行為で、昔の日本人が始めて牛肉食べたぐらいの文明開化です。
部活やっている時ですら、過信と面倒で行かない訳ですから…。

ただし、1時間ちょっとやっただけで、体のアチコチが悲鳴を上げている。
大丈夫だろうか…。でも苦手な事でも頑張ろう

そんなこんなでフラフラしながら、会社へ。
運動して仕事しないと本末転倒なので、この疲れた状態でどれだけ仕事出来るか。これはちょっとチャレンジです。

今年1年。自分のテーマとして

 ■仕事の鬼になる
  〇纏量の増加
   ・体力/気力の強化
    ・ジムに行く/続ける
  
とブレークダウンしてみたが、もうちょっと足りないので

  ■仕事の鬼になる
   〇纏量の増加
    ・体力/気力の強化
     →ジムに行く/続ける
     →他は?

    ・仕事に使える時間の増加
     →1週間に6日働く。(休みは1日返上
→他は?
      (睡眠時間をもっと削るべきか?)
     
   ⊆己に厳しく/他人に厳しく
    ・これは気持ちの問題?制度?

   成果の拡大
    ・これは結果論?それとも方法がある?

         
と課題をもう少し整理してみる。
とりあえず、体力/気力の強化以外の項目に対する方法検討は別の機会にまた考えてみる事に。。。。

仕事しよう。



----------------------------------------------
起業家ブログ(頑張って順位上げたし)

社長ブログランキング(こちらは兆し無し・・・。)

◆服部のBlogはこちら
◆CNET版はこちら「ビジネスリーダーズブログ
◆東洋経済コラムはこちら「ソニーチルドレン、上場への道」


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔